法事のあれこれ

法事の意義

法事(法要)とは、もともと「仏法」のことです。つまり「仏の教え」をさしていう言葉でしたが、それが次第に仏教の儀礼や行事のことを意味するようになりました。 いまでは、故人の供養(追善供養)をすることを、一般的に法事と呼んでいます。

追善供養のほかにも、追善回向や追善法要という言い方もあります。追善とは良い行いを追加するという意味で、故人さまが生前の功徳に追加して善い行いをし、極楽浄土に行けるように、また極楽往生を果たしたあとは、この世の人々を救って下さいますようにとの願いをこめて、法事を行います。

中陰(四十九日)法要

Placeholder image

この世に生を受けたときを始有(しう)・この世に生きている間を本有(ほんう)・死の瞬間を死有(しう)・生を終えてから次の生を受けるまでを中有(ちゅうう)という輪廻転生の考え方があります。 この中有(ちゅうう)の期間が四十九日とされています。

この臨終の日から四十九日まで、七日ごとに追善供養を行います。 これが中陰法要ですが、初七日(しょなのか 7日目)・二七日(ふたなのか 14日目)・三七日(みなのか 21日目)・四七日(よつなのか 28日目)・五七日(いつなのか 35日目)・六七日(むなのか 42日目)・七七日(なななのか49日目)に家族・親戚・知人・ご近所様を招いて法要を営みます。

四十九日目を満中陰といい、これを忌明け(きあけ)とします。喪に服していた遺族が普通の生活に戻る日という意味です。四十九日には、親族や親しい人たちを招き、きちんとした法要を行います。会食を用意し、また引出物も準備します。

この忌明けの法要の後に納骨するのが一般的な習慣となっています。それまで飾ってあった祭壇を取り外します。そして白木の位牌を黒塗りの正式な位牌にかえて仏壇に安置します。故人の遺影は、仏壇の外に飾るようにします。

月忌(がっき)法要

死亡した日を「命日」として、毎月その日にお参りすることを月忌法要といいます。

先祖様の月忌法要をすべて営むことはたいへんですから、いちばんの最近亡くなられた方の命日にお参りし、いっしょにご先祖様すべての月忌法要とされたらよいでしょう。

また、お朔日(おついたち=1日)はお墓参りの日と決められてはいかがでしょうか。

百か日法要

臨終の日から数えて百日目に近親者を招いて営む法要で、一周忌と三回忌をのぞけば満中陰(四十九日)のあとのもっとも大きな法要です。

ご遺族さまの悲しみもすこしはおさまり涙もとまるということから、百か日のことを「卒哭忌」(そつこくき)・「出苦忌」(しゅつくき)ともいいます。ご遺族さまの悲しみが、故人様がお釈迦様のお弟子様となっていかれることへの喜びにかわることを願ってやみません。

いつまでも悲しみに打ちひしがれていず、一歩を踏み出すことを故人さまも願ってらっしゃるのではないでしょうか。そのあとは年回法要となりますが、これは、此岸(しがん 俗世)の人から、彼岸(ひがん 浄土)の方となられたお誕生日と思われて、回忌を喜んで営ませていただきましょう。

年回法要

年回法要は、年忌法要ともいい、年を追って営む追善法要のことです。年忌の数え方は、一年目は一周忌ですが、二年目からは三回忌と数えます。以降は七回忌(6年目)、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十五回忌、三十七回忌、五十回忌、七十回忌、百回忌、百五十回忌、二百回忌...と続きます。

祥月命日(一周忌以後の命日)に営まなければならないという考え方ではなく、年忌によって家族や親戚が一同に会することのできる喜びを、故人が与えてくれる機会と受け止め、なごやかに偲ぶ集まりを催してください。